古くなったエレベーター、そのまま使用しているというマンションやビルはありませんか?
エレベーターは今やビルやマンションの建物にはなくてはならない存在ですが、最近ではそんなエレベーターでの事故が発生しています。
老朽化したエレベーターや、不良品のエレベーターのご作動により実際に死亡事故にもつながってしまっているんです。
便利な存在として、マンションやビルには欠かせませんがそんな危険性もあることは把握して置かなければいけません。

マンションやビルの耐久性や老朽化のスピードとは異なるのがエレベーターです。
まだまだマンションやビルは修理が必要ないからといって、エレベーターも修理やリニューアルが必要ないわけではないんですよ。
一般的には17年が耐用年数であると言われています。
17年以上使用しているところはありませんか?

また、17年経過していなくても老朽化が進んでしまっている場合があります。
さらに機能自体には問題なくとも、使い勝手が悪いなんてことも考えられますよね。

そんなときにはリニューアルを検討してみてはいかがでしょうか。
リニューアルによって、機能性も安全性も向上させることが出来ます。

まだ使える、まだ使える、そう思って使用していたら重大なトラブルが発生してしまったり、死亡事故につながってしまうという可能性もあります。
そのような場合には取り返しがつきませんから、少し早いかな?と思ったときにリニューアルすることが重要なのではないでしょうか?

17年は経っていないけれども、リニューアルしたほうがいいのか?という疑問にお応えするために、リニューアルしたらどのようなメリットがあるのかについてこのサイトでは紹介していきたいと思います。

外部リンクでおすすめ

エレベーターをリニューアルするならこの業者がおすすめ│青山エレベーター
劣化しないよう、エレベーターを保守しましょう[エレベーターのメンテナンス・保守・点検についての情報]

Comments are closed.

archive
categoyr
  • カテゴリーなし